海外・国内ロングステイについて

海外・国内ロングステイとは

海外においては、生活の源泉を日本に置きながら海外の1ヶ所に比較的長く滞在し(2週間以上)、その国の文化や生活に触れ、国際親善に寄与する海外滞在型余暇を総称したものである。

国内においては、主たる生活の拠点のほかに、日本国内の他の地域で比較的長く(1週間以上)あるいは繰り返し滞在し、その滞在地域の文化慣習を遵守しつつ地域文化とのふれあいや住民との交流を深めながら滞在するライフスタイルをいう。


ロングステイの定義

①比較的長期にわたる滞在である

・海外においては、「移住」や「永住」ではなく、帰国を前提にした2週間以上の長期海外滞在型余暇であること。
・国内においては、1週間以上の滞在であること。

②「居住施設」を保有、または賃借する

・生活に必要な設備が整っている「住まい」を保有もしくは賃借する。

③余暇を目的とする

・自由時間の活用を目的とし、豊かな時間を過ごし、現地の人々との交流活動等をする。

④「旅」よりも「生活」を目指す

・異日常空間での日常体験を目指す。

⑤生活資金の源泉は日本にある

・生活の源泉は、日本で発生する年金・預金利子・配当・賃貸収入である。
(注:海外ロングステイについての場合)

ページ上部へ戻る